鍼灸院に行ったことがない方には、とっても敷居が高い場所ですよね。

実は私もそうでした。

「お母さんとお子さんのための鍼灸室らくみ」

代表の福里 真希です。

「鍼灸院」は、行ったことがない方には、

とっても敷居が高い場所ですよね。

私もそうでした。

 

会社員として香港で慣れぬ生活を送っていたある日、首~背中が固まり、

1週間下がらぬ微熱と吐き気、痛みに苦しめられました。

何度病院に行っても全く改善せず、途方に暮れている時に、

ずっと気になっていた東洋医学の治療院の門をたたいたのです。

「一体何をするんだろう?誰が行くんだろう?」と興味半分、疑い半分。

でも、この辛い症状をどうにかしたい、誰か助けて〜という

藁をもすがる思いで治療院に入り、施術を受けました。

すると...

 最初の緊張はどこへやら、徐々に体の力が抜け、いつの間にか夢の中。

「はい、起きてみて」という声で、「はっ」と目を覚ましてみると、

 痛みも全くなくなり、首が動かせ、熱まで下がっています。

えっ?なにこれ?なにがどうなった?

初めての経験に、自分でも信じられないくらいの衝撃を受けました。

それまで薬と病院が全ての私には、それは、本当に不思議で不思議でたまらない体験でした。

これが私とこの世界の出会いです。

以降、体調が悪くなくとも施術を受けるようになり、東洋医学の力を確信し、

いつしか自分でも悩んでいる人の助けがしたいと一念発起し、日本で鍼灸師になりました。

国家資格を取得し、13年。

簡単ではない出産・育児を経験し、悩めるお母さんの力になりたいと思い、

「お子さんと女性のための治療室らくみ」を開きました。

子育てに頑張っているあなたの力になります。

一人で悩まず是非一度、ご相談ください!

私自身の子育ても「小児はり」に助けてもらいました

子どもはかわいいけれど、

子育てってこんなに大変なもの?!

ゆっくり寝る時間も、自分の時間もけずって

頑張っているのに、夜は寝てくれない、

ご飯は吐き出す、イヤイヤ、キーキー、抱っこばかり・・・

疲れた・・・全然理想と違う!

 

こんな風に思うこと、ありませんか?

 

私の初めての育児はまさにこんな状況でした。

4日もかかって産まれたわが子は丸々とかわいらしく、とても元気!

だけれど、とにかく寝ない。そしてよく泣く。

少し大きくなってからはカンの強い、気難しいところのある子でした。

 

私は疲れ切り、一方で子ども自身も自分のことを分かってくれない!と、

症状が激しくなり・・・の悪循環。

 

でも!苦しんで解決策を探すうち、ツライのは子ども自身だ!と気づきます。

まだ言葉で表現できない分、

泣いて、暴れて、体全体で、ツライ!怖い!不安!

なんかわかんないけど、とにかく不快!と訴えているのだ、と。

 

そして、見事、「刺さない小児はり」で悪循環を断ち切ることができました。

 

まるで、「魔法のはり」。

 

「刺さない小児はり」のおかげで、小児科にかかる機会もなく、

入学後は皆勤賞、とにかく元気いっぱい、笑顔もいっぱい!です。

 

「どうしちゃったんだろう・・・」もし、あなたもそんな悩みを抱えているなら、

そんな負のスパイラルから脱出しましょう!

 

カラダが違えば、その使い方や癖、性格、ひとりとして同じではありません。

こころに寄り添い、原因を見極めて的確に施術し、再発を予防します。

施術を通して、自分の、お子さんの身体と心の状態を知れば、自信がつきます。

身体が楽になれば、自然に気持ちも上を向きます。

日々頑張る、すべての女性の力になります!

​ご予約/お問い合わせ

Tel : 090-4708-2178

東京都武蔵野市桜堤

​詳細はご予約時にご案内いたします。

営業日 月/火/木/金/土

 

※水曜は、有栖川サロン(東京都港区広尾)

 にて施術しています

 

休診日 日曜日、祝日

1556460929.png
image.png

©2020 SHINKYU SHITSU RAKUMI