ぜんそくとは?定期服薬のススメ

更新日:2020年5月23日

暑さ寒さも彼岸まで、ぐっと秋らしくなりましたね。

今月はやたらと雨が多く、台風もあり、

具合の悪いお子さん&お母さんが多く見受けられました。

低秋圧の影響を受けやすいのが「気管支/小児喘息」、

「めまい」「頭痛」「関節の痛み」など。

特に、ぜんそくのお子さんは(時に大人も)、

台風が近づくと、それまでなんともなかったのに、

突然発作を起こすので注意が必要です。

今月は、相談の多かった「気管支/小児喘息」について、です。

****************************

小児喘息・気管支喘息は、気道が「常に」炎症を起こしている状態で、

風邪(咳)が悪化して一時的に気管支炎を起こすのとは違います。

①激しい咳き込みに加え、息苦しさや胸苦しさがある

②呼吸時にヒューヒューという笛音やゼーゼーという喘鳴がある

③就寝時と明け方の咳込みが激しく(=ぜんそく発作)、眠れない

④運動後、または急ぎ足や走るなどの後、息苦しさを感じる

⑤喉のつまり感や胸の痛みを感じる

⑥台風の前や、季節の変わり目に悪化する

⑦冷たい空気を吸い込むと咳込む

⑧動物に触れた後からひどく咳が続くようになった

これらが気管支喘息の主な症状と特徴です。

1960年代には、大人も子どもも約1%しかいなかったのに対し、

現在では大人で約3%、子どもでは6%と、増加傾向にあります。

すっかり身近な病気となりましたが、 発作時には気道が狭まり、呼吸が出来ず、

年間2,000人弱の方が命を落とす、実は怖い病気の一つです。

そして、発作時以外はなんら普段と変わらず、元気なので、 すっかり治ったと勘違いされやすいのですが、ここが落とし穴!!

普通の風邪(上気道炎)と違い、気管支喘息は咳症状が治まっても、

気道の粘膜上皮は剥がれ落ちて、「常に」炎症を起こして浮腫み、

「通常時から」空気の通り道が非常に狭くなっています。

ここへ花粉やダニ・ハウスダストなどのアレルゲン (アレルギー反応を引き起こす物質)や冷たい空気が入ってくると、

それらの刺激をきっかけに、分泌物が急増、気道の筋肉も収縮して呼吸困難となるのです。

つまり、治ったと思っていたころに発作を起こすのです!

「慢性炎症」は目には見えないので、

普段症状が出ないと、治ったものと勘違いしてしまうのですが、

実は、空気が通っても痛いほど、内部はひどい状態・・・!

皮がめくれて剥き出しになっているのを想像してみてください(> < )

ですから、発作時だけでなく、年単位でのコントロール=投薬治療が必要になります。

主に吸入ステロイドが中心になるわけですが、

ステロイドは怖いから、と、発作が起きたときだけお薬を使って、 日ごろの気道の炎症治療を怠っていると、気道が却って敏感になり、

発作を繰り返し、悪循環に陥ります。

そうすると、結果的に気道の壁が動脈硬化のように硬くなり

(気道の「リモデリング」といいます)、余計治りにくくなります。

長期使用はコワいと思われているステロイドですが、

服用タイプや注射と違い、吸入タイプは患部の喉にのみ作用するので安心なのです。

むしろ、使用しないで発作を起こしてしまうと、

全身に行き渡るステロイドを使うことになります

喘息は、何年もかけて取り組むべき病気です。

主治医としっかり相談しながら、対策を考えていきましょう。

また、最近では、ゼーゼーヒューヒューいわないけれども、

しつこい咳が続く「咳ぜんそく」と診断される人が増えていますが、

約3割の方が気管支喘息に移行すると言われており、注意が必要です。

さて、では、投薬以外で気をつけると良いこととは何でしょう?

長くなりましたので、また来月、鍼灸治療含め、

ぜんそくの対策について続けていきます。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

やる気出ない・・はフェリチン不足?!

TVでは、暑い日差しにも負けない、熱い闘いが続いています。 物議をかもしたオリンピックですが、始まってみれば、 選手にとってはどれほどの大きな大切な機会であり、時間だったのかが、 そのプレーや言葉、表情から伝わってきますね。 わが子たちも普段は見ないような競技の数々に興味津々! 女子競泳初の2冠を達成した大橋悠依選手は、 大学一年生の春、原因不明の不調に陥りました。 顔に血の気がなく両親も心配する

座り過ぎ注意!30分に一回は立って!

次女が近所の公園で、梅拾いにハマりました。 「あった!」「こっちも!」「あー、これはきたなくてダメだ」と、 朝もやの中、親子で無心で梅を見つけるのはなかなか楽しい時間です。 クエン酸など疲労回復効果が高いとされる梅は、 牛肉100gを食べて酸性に傾いた血液を、 たった一粒で中和できてしまうほど強いアルカリ食品だったり、 カルシウムや鉄、マグネシウムをたっぷり含んでいたり、 Caや鉄を吸収しやすくし