ぜんそくにはこのツボ!

朝晩こそ肌寒いものの、日中は汗ばむほどの爽やかな秋晴れが続いています。

長女が、夏休みの宿題の定番、朝顔の、程よく枯れたつるでリースを作るというので、

近所に飾りの木の実拾いへ行きました。


松ぼっくりやどんぐりに加え、ハナミズキの真っ赤な実や紫式部のつぶつぶ、

なんだかわからない緑の実を拾い集め、これって、これじゃない?どうかなー

と図鑑とにらめっこ。


秋の実りの豊かさに改めて驚かされ、充実した気持ちになりました。

私たちの体も、発散・成長の夏から、収斂・結実の秋へ移っています。

冬に向けて、内向きのエネルギーへ転換する、大事な時期です。


さて、先月は、低気圧の接近による、気管支ぜんそく発作と

西洋医学の治療法についてお伝えしました。

今月は、東洋医学的お手入れ方法や日常生活の対策についてお伝えします。


*****************

日常生活で気をつけるべきことは・・・


①ストレスは大敵!!

  副腎皮質から大量の抗ストレスホルモンが分泌されるものの、

  長くは続かず、全身の免疫系等に異常が出ます。

  そうすると一気に悪化するので、ストレスから逃げる&減らすことが肝要!

  発作への不安自体がストレスになるので、

  しっかり吸入ステロイド薬を継続し、

  不安の種を取り除きましょう。


②冷たい空気を避ける

  気道に入る空気の温度を少しでもあげるため、

  外出時は必ずマスクをしましょう。

  また、急いでいても朝一番に駆けたりしないように!


③台風や低気圧の接近前は要注意!

  天気予報を参考にしながら、無理せず、睡眠をしっかりとりましょう


④動物やダニほこりなどのアレルゲンに触れない

  風の強い日は花粉で発症することもあるので、必ずマスクを。


⑤たばこの煙厳禁!!

  タバコの煙は刺激になるだけでなく、気道の炎症を悪化させます。

  患者さん自身が喫煙を止めることはもちろん

  患者さんの近くで吸う事もやめましょう。


⑥適度な運動で心肺機能を高める

  水泳、ジョギングなど心肺機能を高める運動を。


⑦アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎も治療を。

  いずれも小児の5割、成人の6割が併発します。

  そちらの治療も同時に行いましょう


鍼灸治療では、⑦の鼻炎や副鼻腔炎も同時に治療していくことができますし、

①のストレスによる疲労から回復させることもできます。


全身丸ごとの治療だからこそ、喘息だけでなく、全身の免疫力をあげ

喘息のきっかけになる風邪を予防することもできます。

お子さんにも肌をさする程度の刺激なので、気持ちよく安心です(^^)


その上で、自宅でできる私のおすすめケアは・・・

①鎖骨の下あたりを軽く5本の指先でタッピング or  さする


②手のひらの親指の付け根のふくらみ「魚際(ぎょさい)」&

 肘の内側(親指側)「尺沢(しゃくたく)」をググッと圧す or  お灸をする


③親指の爪の際「少商(しょうしょう)」を

 爪楊枝などの鋭いもので、チクチクと強めに刺激する


④首根っこ「大椎(だいつい)定喘(ていぜん)」をドライヤーで温める 


⑤人にやってあげる場合は、背中の肩甲骨の間「肺兪」をさする

  or  5本の指先でタッピング


いずれも、ゲホゲホ咳き込むつらい時に効果的です。

喘息でなくとも、風邪の咳が長引いた時にも効果的です。

また、咳は寝転がるとひどくなりますから、

就寝時は腰のあたりから布団やクッションを丸めて

かなり高くして傾斜をつけてから寝るのもひとつの手です。

(起坐呼吸といい、咳き込みや呼吸の苦しさが一時的に楽になります)

これからぐっと冷え込むようですし、空気の乾燥も続きます。

首元をしっかり保温して、うがい手洗いで風邪予防に努めましょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

漢方のススメ 今の症状はどのタイプ?

コロナ感染者数の激減と同時に、出勤する方をはじめ、 街も電車も少しずつ人が増え始めましたね。 我が家も先日2年半ぶりにミュージカルとコンサートに行ってきました!! やはり生は違います。 耳だけでなく、全身の皮膚が振動して、共鳴して、音が体を駆け巡る! 2年ぶりに対面講習会にも参加してきました。 オンラインの便利さにすっかり慣れきっていましたが、 やはり身体を動かして五感をフル稼働させると、吸収力が

座り過ぎ注意!30分に一回は立って!

次女が近所の公園で、梅拾いにハマりました。 「あった!」「こっちも!」「あー、これはきたなくてダメだ」と、 朝もやの中、親子で無心で梅を見つけるのはなかなか楽しい時間です。 クエン酸など疲労回復効果が高いとされる梅は、 牛肉100gを食べて酸性に傾いた血液を、 たった一粒で中和できてしまうほど強いアルカリ食品だったり、 カルシウムや鉄、マグネシウムをたっぷり含んでいたり、 Caや鉄を吸収しやすくし