タンパク質摂取 戦後レベルまで低下?

いつ衣替えをしていいやら、

難しいお天気が続いていましたが、

木の葉が色づき、からりとした秋の風が吹き始めています。


コロナ禍では、おうちで読書の秋、芸術の秋。

に加えてやはり、食欲の秋!

が、この飽食の、糖質制限が流行する現代で

まさかのタンパク質摂取不足が起きているそう。

皆さんは、今日、朝からどんなタンパク質を食べましたか?


(水分を除くと)身体の約半分はタンパク質でできています。

筋肉はもちろん、内臓、脳、皮膚、血液、免疫細胞の原料もタンパク質。


不足すると・・・

①筋肉・体力の低下

②だるい・やる気が出ない

③髪やお肌にツヤがない

④免疫力が低下し、風邪や感染症にかかりやすくなる


と、全身に影響が出ます。


いやいや、大丈夫、夕べがっつり焼肉食べたから!

毎朝プロテイン飲んでるから、ばっちり!


という方、いえいえ、意外な盲点が・・・

タンパク質は、身体の中で常に作り変えられていて、

いつのまにか増えている「脂肪」のように備蓄が効きません。

朝昼晩、3回の食事の度に補給しないといけないのです。


日本人女性のタンパク質摂取目標量「毎日約75-80g」

に対し、「2018年実績は約66g」

これは1950年と同レベルです!


あと最低10g!

分析結果を見ると、特に朝ごはんで足りていないとのこと。

卵ひとつ、納豆1パック、しらす、お豆腐、豆乳、牛乳1杯、チーズひとかけ

・・・もう一品、意識的に摂るようにしましょう。


納豆なら、1パックあたりたんぱく質7-8gだけでなく

鉄分1.5mg、食物繊維、葉酸、ビタミンB2、B6、マグネシウム、カリウム、

体内の炎症を抑えてくれるポリアミン酸、老化には必須!抗酸化効果の高いサポニン、

さらには納豆菌の発酵パワーで腸をきれいにして、免疫を上げる!!

納豆すごい、でも続けないと意味ないな、と、

お味噌汁に入れたり、ドレッシングかけたり、毎晩摂るようにしてみています。

変化があったらご報告しますね。


しらすと合わせれば、DPA・EHA、カルシウムUP、

キムチなら発酵パワーで腸内細菌増、

細かく切ったチーズを混ぜて、カルシウム・タンパク質Up、

とあれやこれや、楽しんでいます。


安い、すぐ食べられる、なんでも合わせられる=続けられる。

うーん、納豆、すごい。


と、納豆推しになってしまいましたが、

もう一品、タンパク質、意識して加えてみましょう。

関東はこれから乾燥してコロナに限らず感染症が増えます。

免疫細胞だけでなく、各種臓器を活性化させる意味でも、

タンパク質を毎食、しっかり摂りましょう。


で、食べたら、スポーツの秋、しっかり動いて気持ちよく!

74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

よもぎパワー

よもぎは、カロテン・クロロフィル・鉄分などミネラル豊富で、 身体を温めながらも水分や有害物質を体外に排出するデトックス作用に優れています。 血液をきれいにする浄血、活血作用に加え、血液を増やす造血・増血作用もあることから、 便秘・下痢、生理痛や月経不順、不妊や冷え性、更年期障害に

サプリを飲まない栄養士

石井教授によると、サプリメントを摂る必要がある人は、「栄養不足の人」。 いや、だからそれが分からないからサプリメントで補うんだ!との声には、 「好き嫌いなく、”いわゆるバランスのよい食事”が1日3回食事を摂れていれば、 基本的にサプリメントは必要ない」とのこと。

​ご予約/お問い合わせ

Tel : 090-4708-2178

東京都武蔵野市桜堤

​詳細はご予約時にご案内いたします。

営業日 月/火/木/金/土

 

※水曜は、有栖川サロン(東京都港区広尾)

 にて施術しています

 

休診日 日曜日、祝日

1556460929.png
image.png

©2020 SHINKYU SHITSU RAKUMI