マエケン体操のススメ

去年に引き続き、今年も、緊急事態宣言中の連休となりました。 去年の連休は何してたっけ?と、スマホのアルバムを覗くと・・・ 初めて自家製酵母でパンを焼いたり、 ひたすら断捨離&模様替え&ベランダ掃除、 野の花を摘んでバスボム作りをしたり、 次女のお誕生日をリモートでお祝いしたりしていた…ようです。 たった1年前のことなのに、意外と覚えていない自分にびっくり(^^; 今年は、山登りと食をテーマにした漫画を参考に、 ベランダでキャンプ用品のメスティンを使ってパンを焼いてみたり、 名刺を作り直したり、なかなか充実した連休のスタートです(^^)v そう言えば、せっせこホームページとブログを練り上げ、稼働し始めたのも、 インスタを始めるのに格闘したのも、 遠方で行くのを諦めていたオンライン講習を受け始めたのも、 Zoomでお灸教室を開いたのも、去年のこの頃。 今年のお正月にはホームページから予約できるシステムも整えましたし、 私もこの一年で人並みにはオンラインサービスを活用できるようになりました! 動画やサイトには面白く有効なものかたくさんあるのねー!と感心して、 使いやすく有効性の高いモノは、患者さんにお伝えしています。 鍼灸治療を受けると、肩こり首こりがとても楽になります。 が!いつの間にか元通り… せっかくお金と時間をかけて治療にいらしてくださるのだから、 少しでも効果を持続させたい! 自分でも辛い症状を解消する方法を覚えて実践してほしい! 危ないな、と感じた時には予防してほしい! と、セルフお灸や運動方法をお伝えしているのですが、 今重宝しているのは、メジャーリーガー前田健太さんの「マエケン体操」Youtube。 なんと!ご本人による解説です! マエケン体操は、動的ストレッチと言って、 ゆっくり静かに筋を伸ばすのとは違い、 思った以上に腕を激しく動かすことで、関節の可動域が広がり、 付着する筋肉が緩み、肩が、首がラクになります。 一昨年参加した、フィジカルトレーナー中野ジェームス修一氏も 「海外では、アスリートが準備運動で行うのは動的ストレッチが主流。 日本人の誰もが行う、イチニ、サンシ、という静的ストレッチは誰もしない」 と、動的ストレッチの重要性を説かれていました。 ということで、早速やってみましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=pXckTGQLsZI


いかがでした? からだがあつーくなりましたよね!! 解説の中で「下半身も使って!」とある通り、 肩を大きく動かすには、肋骨のずーっと下の方、骨盤の上も伸びないといけません。 リモートデスクワークで歩く時間も減り、股関節も動かさないと、 骨盤周りも固まり、首・肩こり、目の疲れは悪化の一途をたどります。 慢性的な肩こりや慢性痛をお持ちの方は、 いつの間にか体の使い方に偏りが出てきています。 さらには、40歳を過ぎると、筋力は落ちていく一方です。 いつもと同じ動きをしていても、体は衰えていってしまいます・・・! 普段の歩幅よりもう一足分大きく、普段の歩くスピードより速めを意識するだけでも、

筋力は増強できます。 体の変調をきたして初めて、 あれこんなはずじゃないんだけどな??とならないように、 連休中はしっかりと動かしていきましょう!!

52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

座り過ぎ注意!30分に一回は立って!

次女が近所の公園で、梅拾いにハマりました。 「あった!」「こっちも!」「あー、これはきたなくてダメだ」と、 朝もやの中、親子で無心で梅を見つけるのはなかなか楽しい時間です。 クエン酸など疲労回復効果が高いとされる梅は、 牛肉100gを食べて酸性に傾いた血液を、 たった一粒で中和できてしまうほど強いアルカリ食品だったり、 カルシウムや鉄、マグネシウムをたっぷり含んでいたり、 Caや鉄を吸収しやすくし