夏のお腹トラブル解消法

猛暑予報から一転、梅雨明けしたものの比較的過ごしやすい日が続いています。

日中は暑くても、夜になると気温がすっと落ちてくれるので

寝苦しくてゆっくり眠れない、ということがないのが助かりますね。

さて、共同栽培で里いもと落花生、サツマイモを育てているのですが、

里いもって高温多湿が大好き!

芽の出た里いもを畝に植えたのが、2か月前。

今では5才の娘の背丈を越え、来月には私の背丈ほどになるそうです。

高温多湿を好む夏に育つ野菜ということは、根菜ではあるけれど

冷やす効果が高いということ。

里いものすりおろしと小麦粉を練った「里いもシップ」が

炎症の患部の熱を取ったり、発熱時おでこに貼ると効果的、というのを

畑で里いもを見ていて実感しました。

暑い夏には今が旬のキュウリやトマト、なす、ズッキーニ、おくら・・・

夏野菜をたっぷり摂って、体内にこもる余分な熱を追い出しましょう。

ビタミンたっぷりのお野菜は体をシャキッとしてくれます。

が、一方で、冷たい夏野菜に冷ややっこや冷たい麺、枝豆・・・と

冷静メニューばかりではお腹が冷えてしまいます。

私は治療の際、必ず患者さんのお腹を触診し、軽く叩いて音を聞くのですが、

みぞおち付近が冷えて硬く、ボンボンと重低音のお腹に最近よく出会います。

このままでは、なんか体がだるくてスッキリしない、便秘がち、という夏バテ症状に

時間が経つとなってしまいます。

そうならないために・・・

①言わずもがな、冷たいものを過食しない。

 冷たいものがほしい!と思うのは脳と喉だけ、

 胃は冷たいものは嫌いです。

 冷えた胃を温めるのにエネルギーを要しますから、

 元々胃腸の弱い人は、冷たいお茶などの常飲は避けましょう。

 朝一番にキンキンに冷えた飲みものを一気飲み!は最もキケン!

 喉が渇いていれば常温でも美味しく感じます。

②お腹にお灸

 おへその真上、手のひら一つ分ほど上に上がった「中脘(ちゅうかん)」は

 ズバリ胃にダイレクトに効く頼もしいツボ。

 足三里より見つけやすく、多少間違えたとしても、お腹のお灸は効果抜群、

 安心してすえることができます。

 さらに、せんねん灸ならシールでしっかりくっつくので、立ったまま、

 座ったまま、お腹をめくって出して、ササッとお灸できます。

 ついでにおへその下やおへその両脇も一緒に4か所ほどすえると

 お腹全体がぐるぐる動き出すのが分かります。

 ストレスがかかっている方はみぞおちがほぐれ、

 呼吸が楽になるのが分かります。

 週に2回以上のお腹へのお灸を習慣にすると、

 夏バテせずに元気に乗り切れます!

 ぜひお試しください。

お灸ができないお子さんには、

お腹と背中に軽くドライヤーを当ててお腹の動きをよくしてあげましょう。

暑い夏に熱いお灸なんて!と思われるかもしれませんが、

温泉に入るとびっくりするほど疲れが取れて

元気が出るのと同じ、不思議と温かい、熱いお灸が心地よいですから

ぜひ試してみてくださいね。

ではでは、いよいよ夏本番!

元気に楽しく、過ごしましょう。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

座り過ぎ注意!30分に一回は立って!

次女が近所の公園で、梅拾いにハマりました。 「あった!」「こっちも!」「あー、これはきたなくてダメだ」と、 朝もやの中、親子で無心で梅を見つけるのはなかなか楽しい時間です。 クエン酸など疲労回復効果が高いとされる梅は、 牛肉100gを食べて酸性に傾いた血液を、 たった一粒で中和できてしまうほど強いアルカリ食品だったり、 カルシウムや鉄、マグネシウムをたっぷり含んでいたり、 Caや鉄を吸収しやすくし