小児はりへの扉

前回のらくみ通信、たくさんの反響をありがとうございました^^

思いの丈を綴ったら多くの方からお返事を頂き、

望外の喜びです。


さて、一日遅れましたが、毎月10日は「子ども・子育て」がテーマ。

ということで、前回の続きは来月1日にお届けするとして、

本日は、小児はりへのきっかけを書いてみます。


*******************


子どもは可愛いけれど、

子育てってこんなに大変なもの?


ゆっくり寝る時間も、自分の時間も削ってがんばってるのに、

夜は寝てくれない、ご飯は吐き出す、イヤイヤキーキーが激しくて、

抱っこばっかり・・・疲れた・・・全然理想と違う!

かわいい、元気。でも、寝ない。よく泣く!もう勘弁してー!

私の初めての育児はこんなでした。 肩に力が入りすぎていたのでしょう。 疲れ切る私に、なんで分かってくれないの!と言わんばかりに余計泣く子。 そんなある日、仲間の先生が一言。 「こんな時に『小児はりへ』してあげないで、いつするのー?」 そうか、今か、と治療を進め、 育児書や小児発達に関する書籍も80冊は読んだでしょうか。 ツライのは子ども自身だ!と気づきます。 まだ言葉で表現できない分、泣いて、暴れて、体全体で、 なんかわかんないけど、とにかく不快!と訴えているのだ!と。 子どもの気持ちを受け止め始めると、症状も軽くなり、 私自身の気持ちも楽になり始めました。 私には、まさに「まほうのはり」。 小児はりをするようになってからは、 小児科にかかる機会もほぼなく、元気と笑顔いっぱいです。 子どもが泣くには、ぐずるには理由があります。 例えば、「決まった洋服ばかりを着たがる、親が用意した服は着ない」 きっと好みの服は肌触りがよく、着心地が良いのでしょう。 こどもの皮膚は大人の半分以下の薄さで、敏感度は倍以上ですから、 大人には分からないチクチク感を感じとっているのです。 こんな子は触覚だけでなく、聴覚や視覚も敏感な場合が多いので、 大きな音のするところは嫌いで行きたがりませんし、まぶしいのも嫌いです。 ですから、大きな音の流れるスーパーではソワソワして走り回ったり、 手が汚れるお外で遊ぶのは嫌いだったりします。 こういったデリケートちゃんは皮膚も柔らかで、 ちょっとのはり刺激で大きく変化・改善します。 東洋医学はゆっくりじっくり効く、というイメージがありますが、 子どもは大人よりずっと敏感で効果も早く出ます。 「何日も続いていた咳がはりをしたらピタリと止まった」 「5日間もうんちが出なかったのに、はりの後おうちですぐに出た!」 「毎日毎日夜泣きで夜中に4回も起きていたのに、今朝は朝までぐっすり眠った!」 なんてことが起こるのです。 子どものすべての言動には「理由」があります。 まずは原因を見極め、的確に施術し、再発を予防します。 親も子も、体が楽になれば、自然と笑顔がこぼれます。 はっ!小児はりへのきっかけのはずが、熱が入り過ぎました・・・ 続きはまた来月10日に。 梅雨の晴れ間、今日も一日爽やかにがんばりましょう!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示