小児はりQ&A

暦というのはよくできたもので、

「大寒」の頃は本当に寒い日が続きましたね。

そんな中でも、近所の蝋梅が甘~い香りを漂わせ、

ほんわりあたたかな気持ちにさせてくれます。


さて、前回、「鍼灸室らくみ」の活動について

Q&Aスタイルでお知らせさせて頂きましたが、今回はその子供版です。 大人の鍼灸でもハードルが高いのに、 「こどものはり」なんて、なおさらです。 それでも、大阪では実に7割以上の人が「知っている、かかったことがある」。 一方、東京ではわずか25%・・・ そんな東京での知名度と受療率を上げることが 今年の課題!! ということで、今回は小児はりQ&Aをお届けします。

************* Q.小児はり灸ってなに?痛くないの?熱くないの? A.江戸時代に大阪でうまれた、子どものための特別な鍼(はり)です。  鍼の先をふわりと、皮膚にあてながらなでるだけで、決して刺しません。  お灸も、温かく感じるところで止めるため、心地よいです。  騒いだり遊んでいる子ども達も、ピタッと動きを止め、うっとりするほどです。 Q.すぐに効果が出るの?どのくらい通うの? A.夜泣きや便秘、咳や小児ぜんそく、各種の痛みなら、その日から効果があります。  治療効果に個人差はありますが、喘息やアトピー性皮膚炎、胃腸虚弱などは、  半年ほどを目安に週に一度~月に2度は通ってください。 Q.どうして効くの? A.皮膚への接触刺激は、脳にまっすぐ送られます。  そして、体性-自律反射と呼ばれる反応により、関連する内臓がコントロールされ、

 正常化するのです。  自律神経が安定すると、情緒も安定し、集中力も増し、大脳の発育を促進します。  また、免疫細胞も活性化されるので、心身ともに健康になります。 Q.何に効くの? A.風邪の初期なら悪化せずに済みますし、長引く風邪やしつこい咳、中耳炎、鼻水、  アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎も改善します。  便秘、下痢、食が細い、食べムラなどの消化器トラブル、意外と多い頭痛&肩こり、  ひざやかかとが痛い成長痛、おねしょ、チック、対処法のない視力低下や側彎症(そくわんしょう)、斜視・斜頸・・・  また、ADHD、LDなど発達障害や多動児の生活改善もご相談ください。  難病に対しても血中数値が下がり、QOL改善が見られます。 Q.首のすわらない赤ちゃんでも大丈夫? A.生後1ヶ月からOKですから、お薬を飲ませられない赤ちゃんにも安心です。  また、定期健診で成長や発達に問題があるのではないか、と言われた場合でも、  小児はりなら「要経過観察」期間に改善を目指せます。 Q何才まで受けられるの? A.12才を目安としています。  体も心も変化し、不安定な思春期に、塾通いで肩こりや頭痛、  ストレスも抱える中学生や高校生には、大人の鍼をプラスしながら、

 治療を行っていきます。  また、刺さずにソフトな小児はりは、鍼の怖い大人の方や肌の非常に敏感な方、  ご年配の方にも、安心して受けていただけます。

いかがでしょう? 

是非受けてみたい、という方のために、どこでも同じ治療を受けられるよう、

「小児はりネットワーク」を全国で展開しています。

是非ご相談ください!


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

漢方のススメ 今の症状はどのタイプ?

コロナ感染者数の激減と同時に、出勤する方をはじめ、 街も電車も少しずつ人が増え始めましたね。 我が家も先日2年半ぶりにミュージカルとコンサートに行ってきました!! やはり生は違います。 耳だけでなく、全身の皮膚が振動して、共鳴して、音が体を駆け巡る! 2年ぶりに対面講習会にも参加してきました。 オンラインの便利さにすっかり慣れきっていましたが、 やはり身体を動かして五感をフル稼働させると、吸収力が

座り過ぎ注意!30分に一回は立って!

次女が近所の公園で、梅拾いにハマりました。 「あった!」「こっちも!」「あー、これはきたなくてダメだ」と、 朝もやの中、親子で無心で梅を見つけるのはなかなか楽しい時間です。 クエン酸など疲労回復効果が高いとされる梅は、 牛肉100gを食べて酸性に傾いた血液を、 たった一粒で中和できてしまうほど強いアルカリ食品だったり、 カルシウムや鉄、マグネシウムをたっぷり含んでいたり、 Caや鉄を吸収しやすくし