春休み ゲームとの付き合い方、子どもとの向き合い方

我が家の周りはこの土日で桜が満開!

ランドセルや制服姿で写真を撮る親子や

ゆっくりと歩きながらいとおしそうに眺めるご年配たちで

朝から賑わっています。

加えて、明るい黄色のレンギョウ、白く可憐な雪柳、上品な紫が見事な木蓮、真っ赤なボケ・・・ 気持ちも一気に華やぎます。


そんなワクワク気分を身体いっぱいで表現するかの如く、 子どもたちは公園で元気に遊んでいますが、

ゲームを握りしめ、頭を寄せ合って真剣そのもの!という男の子も多数。

同じゲームも、お日様の下での方が大声で盛り上がれるし、いいですよね!


さて、さいたま市が太っ腹にも、大湫(おおくて)病院 児童精神科医 関正樹先生による、オンラインゲームに関する講演の動画と資料を無料公開してくれています。

https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/r3game.html

「自閉スペクトラム症の子どもや青年とオンラインゲームの世界」 というタイトルですが、それ以外のお子さんにも十分役に立つ内容です。


『朝起きられないのは、ゲームばかりやっていて睡眠リズムが乱れているから、ではない。 朝起きられないのは、起きてもいいことが何もないから。

学校に行っても本人にとっていいことがないから、行かない。 良いことよりも嫌なことが増えると、 夜寝られない、朝起きられない。

起きていれば学校のことばかり考えてしまって、嫌な気持ちが増えてしまうから、 朝起きてるより寝てた方がいい』

ドキッとしました。

学校を会社や家庭に置き換えることだってできますし、

こういう心理って、誰にでもあり得ますよね・・・

『ゲームの世界で気の合う仲間と出会うことで、 学校でも家庭でもない【サードプレイス】となる【居場所】を見つける。

【居場所】には誰かの存在が不可欠。 空間があれば居場所になるわけではない。

誰とも出会わない、しゃべらない保健室は居場所ではない。 【相互承認してくれるだれかがいる】場所が居場所となる。

現実を回避する居場所=オンラインゲームを求めるのは、

ごく自然なことであり、必要なこと。

だから、ゲームやSNSを取り上げるのではなく、

そもそもの【居場所の回復】がとても大切。


では、オンライン上の居場所は現実には広がり得るのか?

居場所を失っている人たちにとって、 ゲーム世界は、【浮き輪のような役割で、居場所ではない】。


現実との橋渡しをし、居場所を現実世界にまで広げてくれるのは、

【本人の好きなものに対して、ポジティブなまなざしを持った大人の存在】。


自分の居場所(=ゲーム)を取り上げようとする人と雑談したくなるか? 仲良くなれるか? よい親子関係が築けるか?


【自分の好きなことを肯定してくれる人】が 【肯定的な視点を持って】近づかないと 子どもたち自身がゲームの世界から何を享受しているのかは、語らない。 現実世界とつながるキッカケになるのは、【自分のすきなことを肯定してくれる人】。


家が居心地よすぎるから学校行かないんじゃないか? そんなことは全くなく、居心地のよい居場所は広げていけばよい。

居場所が広がるような支援はOK!

居場所を取り上げるような支援は高確率で失敗する!!

だから、ゲームは取り上げないで!


・・・と、終始優しい語り口で丁寧に説明くださっています。

うちの子はゲームしないから、子どもはいないから、

私はゲームのことは分からないから、

ではなく、広くお子さんや大人なら仲間を見守る意味でも、

是非一度ご覧になってみることをおススメします。


各ご家庭でのゲームについてのルールはまた別の難しい問題になりますが(^^;)

https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0614/r3game.html

視点の違い、と言えば、こちらのサイトも充実です!

おやこのミカタhttps://www.savechildren.or.jp/oyakonomikata/

こちらにも無料動画講座がございますので、

新年度に向けて見てみてください。


では、明日は寒の戻り、まだまだ油断できないお天気が続きます。

春に動く「肝気」も乱高下するため、

イライラしたり、ハイになったり、急に落ち込んだり、気分も乱高下。

足の人差し指と親指の間、「太衝」ツボを圧して乗り切りましょう。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

オリンピックが終わった途端の、ロシアの暴挙・・・ 胸が痛む春の始まりです。 さて、先月、事務局の一員を務める団体【HART関東】https://hart-kanto.com/ で、 一般市民の方も参加して頂ける「防災講座」をオンライン開催しました。 講師は年間300講演をこなし、ラジオ番組でも発信を続ける「あんどうりす」さん。 とにかく知識の幅が広い!! ホームページには動画からマンガまで使える知

今年は十干十二支60種の「壬寅(みずのえのとら)」、 「新生/生まれたものが成長していく」がテーマです。 2年のコロナ禍で芽生えた思いや変化に新しい風が吹き、 明るい一年になりますように・・・ 新しい風、といえば、 大晦日のNHK紅白で2曲披露し、大トリにMISIAのピアノ伴奏をしていた藤井風さん。 去年あたまに10才の次女がハマり、秋にはコンサートにも行ってきました!! 頭より自分の魂に従って、

早いもので、コロナ2年目も大晦日の夜となりました。 延期された東京オリンピック開催→デルタ株大爆発と乱高下する中、 皆さまそれぞれ、様々な思いを抱えての1年だったことと思います。 私は夕方2年ぶりに実家に到着し、懐かしい雪の匂い、冬の空気を胸いっぱいに吸い込み、 無事両親と再会できました。 会えるだけでうれしい。普通が一番うれしい、を実感しています。 仕事面では、昨年頑張ったインスタグラムはのんび