東洋医学ホントのチカラ 今度こそ!

始まる前に皆さんにお伝えしようと意気込んでいたのに!

今回は鍼灸師会からの予告メールが届かず、

私も放送直前に妹からのLINEで知り、みなさんに事前連絡できず・・・(泣)

内容をお伝えするべく、しっかり見ました!!


冒頭登場した芸人の庄司智春。

コロナ感染後息が切れて胸が苦しくジョギングができない、

トレーニングできない、との悩みを 漢方薬で解決!


面白かったのが、治療前と治療後の舌の色の変化。

明らかに赤みが増して、ツヤも良くなっていました。


私も治療の際は舌を見せて頂くことがあります。

舌は体の中で唯一目で見える筋肉。

白っぽければ、身体が冷えている/紫なら瘀血/舌先の赤い点々はストレス・・・

というように、内部の状態をよく表してくれるため、

腹診や脈診、触診と併せて、治療の重要な指標となります。


漢方薬は多少の知識はありますが、門外漢ですので

詳しくは、以下の番組紹介URLをご覧ください。


番組紹介URL

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=27344

漢方薬名やツボなど詳しい情報はコチラ

https://www.nhk.or.jp/kenko/special/toyo/sp_1.html

鍼灸に関しては

パニック障害が劇的に改善!

脳卒中後の右半身麻痺が、鍼灸+リハビリで克服!

という力強い事例の中で、

気持ちを落ち着かせる「内関」「神門」や

免疫力を上げる「合谷」「足三里」「頬車」が紹介されていました。


印象的だったのは、

不安に襲われて救急車を呼ぶほど重症のパニック障害のママさんが

「発作が起きても、眠れば治るから大丈夫、と焦らなくなった」

と、鍼灸治療を通して自分の身体が分かるようになってらしたこと。


そうなんです!これが重要なんです!!

「治してもらっている」でなく、「今どういう状況か自分で分かること」が 元気になることへの近道なのです!!!


意外と自分のことって分かっていないもの。

自覚と他覚のギャップが大きい人ほど、病気になりやすい、と言います。

現状把握は健康管理の第一歩、鍼灸治療がお役に立ちます p(^^)v


呼吸を整え、免疫力を上げる「自然のワクチン」として、

太極拳も紹介されていました。

実際、帯状疱疹になるリスクを激減させるなどの実験結果が公表されていました。


私も、朝の近所の公園で太極拳に参加し始めて7-8年。 最低でも週に2度は練功し、身体の気と血と水を巡らせています。

冬の朝の気温はマイナス5℃なんてこともザラですが、

空気も空も澄んで、すがすがしいこと、この上なし!

ぽっかり白いお月様がまだ残っているのを見ていると、

すぅーっと透明なものが体を流れます。


最近ようやく呼吸と動きが一致してきた気がします。

TVで紹介されていた1分間に4回しか呼吸しない達人には程遠いですが、

呼吸を整えることで、より一層気持ちよい時間を味わっています!


血圧や脈拍、体温は自分の意思ではコントロールできませんが、

呼吸は自分でゆっくり深く、調整することができます。

呼吸が落ち着けば、血圧も脈拍も、体温も?下がります。

唯一自分の意思で制御できる自律神経である「呼吸」。


太極拳ができなくても、瞑想(マインドフルネス)なら、どなたでもできますよね!

瞑想でも呼吸と自律神経は安定しますので、

同様に番組ホームページを参考にやってみましょう!

NHK+による見逃し配信は1週間、3/6(土)まで。こちらも是非!


さぁ、明日から暦は3月。

昨日2/27(土)は満月🌕

満月の日は欠けていくお月様に自分のイヤなところや治したい病気、悪癖などを

「一緒に持ってってください!」とノートに書いてお願いすると良いのだそう。

明日の未明3月1日4時までなら満月のお願いは間に合います!


イヤなことは2月の満月🌕に託して、しっかり深呼吸して瞑想して、

明日から気持ちよく3月を迎えましょう!!

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

漢方のススメ 今の症状はどのタイプ?

コロナ感染者数の激減と同時に、出勤する方をはじめ、 街も電車も少しずつ人が増え始めましたね。 我が家も先日2年半ぶりにミュージカルとコンサートに行ってきました!! やはり生は違います。 耳だけでなく、全身の皮膚が振動して、共鳴して、音が体を駆け巡る! 2年ぶりに対面講習会にも参加してきました。 オンラインの便利さにすっかり慣れきっていましたが、 やはり身体を動かして五感をフル稼働させると、吸収力が

やる気出ない・・はフェリチン不足?!

TVでは、暑い日差しにも負けない、熱い闘いが続いています。 物議をかもしたオリンピックですが、始まってみれば、 選手にとってはどれほどの大きな大切な機会であり、時間だったのかが、 そのプレーや言葉、表情から伝わってきますね。 わが子たちも普段は見ないような競技の数々に興味津々! 女子競泳初の2冠を達成した大橋悠依選手は、 大学一年生の春、原因不明の不調に陥りました。 顔に血の気がなく両親も心配する