小児はりの効果を高める施術後の過ごし方

一見さすっているだけに見えても、皮膚からの刺激が脳へ伝わり、

体性‐自律反射という反応により、体内では以下のような大変化が起きています。

自律神経の一つ「副交感神経」の働きが増し、免疫系統が活発化する。

お灸により血液(赤血球+免疫の要「白血球」)が増えようとする。

          ↓

身体を休ませ、修復するため、頭に血が回らず、

ぼーっとする、ダラダラしたがる、眠くなる。

ごく自然な反応ですので、いつもより早く床に就かせ、

睡眠時間を多くとるよう、心がけてください。

まれに反応が強く出ると、発熱、下痢、じんましん、一時的な食欲不振などの副反応が見られることがありますが、

半日~1日で回復します。

2日以上続く熱や下痢などの場合は、小児はりとは関係なく、

潜伏していた病気が表面化したものでしょうから、念のため、医療機関の受診をおすすめします。

これらの副反応は、鍼の後なるべく静かに過ごして頂くことで防ぐことができます。

特に初診時は、受診後に過度な運動や初めての場所へのお出かけ、夜更かしなどを避け、

いつもより早めに床に就かせましょう。

食の細い子の場合、体を回復させようとすると、一時的に食欲が低下する傾向があります。

飲食物を消化吸収するというのは、体力を使う、実は大変な作業です。

 

病気の時や体調がすぐれない時に食欲が自然に落ちますが、これは、消化器官を休ませることで、

体の回復を図ろうとするからです。小児はりの後も同じです。

消化管に負担をかけぬよう、無理に食べさせず、睡眠優先で、翌朝自然に食欲が戻るのを待ちましょう。

初診時にお渡ししている資料をダウンロードしていただけます。

小児はりの効果を高める施術後の過ごし方.pdf

PDFファイル 579.7 KB

​ご予約/お問い合わせ

Tel : 090-4708-2178

東京都武蔵野市桜堤

​詳細はご予約時にご案内いたします。

営業日 月/火/木/金/土

 

※水曜は、有栖川サロン(東京都港区広尾)

 にて施術しています

 

休診日 日曜日、祝日

1556460929.png
image.png

©2020 SHINKYU SHITSU RAKUMI